蔵書票の紹介。

こんにちは。
今日は 蔵書票を紹介します。

 蔵書票とは、、、本の見返し部分に貼ってありその本の持ち主を明らかにするための小紙片。
図と一緒にExlibrisという言葉と蔵書の持ち主(票主)の名前が画面に入れられることが多い。


 蔵書票ってなんだか素敵な味のあるデザインが多いですよね。


↑こちら2点は清宮質文 作(せいみやなおぶみ)のもの。
清宮質文の版画の買取してます!


↑こちらは武井 武雄 作(たけい たけお)のものです。


↑畦地 梅太郎 作(あぜち うめたろう)のものです。

簡単な紹介ですが、こんなかんじです。

今朝、携帯電話を水の張ったボールに落としてしまいました。茶碗洗いの途中だったんです。
完全に水に浸かってしまい絶望してました。
そこで!!

乾燥させるため?お米の中に電話をいれておけばいいという話を思い出し実行中。
この情報をどこで聞いたかも忘れてしまいましたがこれ本当ですかね?
都市伝説的な話ですかね。。。
現在電源が落ちることなくなんだか大丈夫そうです。

2015年6月に投稿したニコロ美術の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら