手塚治虫さん未発表原稿9枚発見!!されたそうです。

5月18日にニュースなどになっていて知りました。
ヤフートップニュースにも載ってましたね。

朝日新聞社より↓↓
「手塚治虫さん未発表原稿9枚発見!!」
マンガ家・手塚治虫(1928~89)が1940年代末ごろに描いた未発表原稿9枚が見つかった。初期の代表作「メトロポリス」(49年)や、「有尾人(ゆうびじん)」(同)、「一千年后の世界」(48年)のために描きながら使わなかった計8枚のほか、構想ノートにタイトルとあらすじだけが残されていた「浮標島」という作品の1枚も初めて見つかった。

手塚作品の収集家でもあるマンガ家の松本零士さんが、自宅で資料を整理していて見つけた。以前、古書店などから買ったものだという。

どれもペンで描かれた、ほぼ完成した原稿で、主人公が怪鳥と戦う場面などを描いた「有尾人」には色も塗ってある。「メトロポリス」の登場人物の絵の上に「超人ミッチー」というタイトルロゴを描いた扉絵もあった。「メトロポリス」とする前に手塚が考えていたタイトルで、ノートにその名前はあったが、実際にロゴが見つかったのは初めて。
手塚プロダクションの森晴路資料室長は「構想だけだと思われていた『浮標島』に、マンガの原稿があったとは驚いた」と話す。

すごいですねー!
手塚作品の収集家でもあるマンガ家の松本零士さんの自宅にあったそうですが、
やはりこういった物はコレクターのところに既に集まっているのでしょうか?
一般の家庭ではなかなか無いですよね。もしくは、気づかずに処分してしまうかもしれないし。
収集していても資料の中にあったということで長い間気づかなかったようですし、、。

札幌の実家に帰省中ですが、実家のにある本の整理を先日しました。
300冊くらいかな?処分することになり、状態を見て仕分けして買い取ってもらえそうな本をブックオフさんにお世話になりました。
残念ながら価値のある様な本は見当たらず、ニコロ美術で買い取ってもらえそうな本もほとんどないようような感じでした:naku:
オークションやアマゾンなどで自分で売れば少しは値段がつくのがあったかもしれませんが手間がかかりますし、どうしても手間代を考えるとなかなかめんどくさいものです。

ではまた:sayonara::wa-i:

2013年5月に投稿したニコロ美術の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら