加藤卓男や鯉江良二の陶芸品を買取りました。加守田章二の壷も持ち込んでいただいたのですが・・

加藤卓男の香炉や鯉江良二の向付などの陶芸品を買取りました。
益子の作家さん以外もたまに依頼されるので、嬉しいです。
このところ買取や査定の依頼が多く、1週間位はお待ちいただいている状況です。
少し休みたいと思っている日々ですが、買取がないと結局不安になるので、仕事がある時には喜んで働きます!

別件ですが先日、現代陶芸作品の持ち込みがあり、島岡達三と加守田章二のものでした。
島岡達三は買取品として、たくさんでてくるのですが、加守田章二作品は数は多くありません。
以前、加守田章二の査定依頼があった時は、実績が少なく一人ではわからないこともあったので、
信頼できる美術商の方と業者つながりで一緒に査定に伺ったことがありました。
あれから多少は作品にふれる機会もあったので、はりきりました。

今回は図録をたよりに査定です。変わった形の壷。初めて見たが図録にある。うーんとりあえず、高そう。。
箱書きもあり大丈夫そうかなと思っていましたが、一応贋作のある作家さんです。慎重に。
島岡達三作品は間違いない。2点で10万円位で話がつきました。良い作品でしたが、買値としては少し高かったかな?

うーん。加守田章二はやっぱり不安があったので売り先(真贋も)が確実でないと、
即買取はできないとお話をしまして、買取できた場合は70万円位にはなるのではとお伝えしました。

お客さんが帰ったあと、加守田章二全仕事(図録)で同年の作品を調べていますが、
様々なことが入り込んでくるから迷う。。 物だけではなく、お客さんの話や入手経路や「他は本物だったし」とか

数日間、冷静になって調べてたり考えたりしての、結論。「あの時はよく見えたけど、何か違うかなぁ」
後日もう一度見せてくださいと今度は訪問。
冷静な気持ちで、みてみると「おお、やっぱり違う」
自然な焼き物という感じではなく、つくりこまれた感じというか。
今回は見送って正解だと思った1件でした。ちなみにお客さんに悪意は一切ありません!

なんでも鑑定団の先生のように一発でわかるとかっこいいのですが、
実際私の力量ではなかなか難しいです。失敗したことも、もちろんあります。。
今回は良い経験ができました。ほっとした気分で終われて良かったです。

———————————————————————————————————————————————

お仕事の紹介 広告や集客のこと 3

当社はチラシ、タウンページ、HP、ネット広告、リスティング、新聞広告、フリーペーパー、雑誌広告 等等
結構さまざまな広告を試しています。
業種や地域などで効果に差があるかと思いますが、良い点と悪い点を書いていきます。続き②

タウンページ
◎一年の最初に内容を決めるので管理いらず。楽(ただし変更もききませんが)
○地元からの問い合わせが結構ある。
○信頼感がある。
○タウンページの営業さんが親切 (細かく打ち合わせできる)
△競合他社が多い 随分お金をかけているなぁと感じる
× 大きくのせれば費用がかなり高い。小さいと問い合わせ無い。。(バランス大事)

一面大きな百万円以上かかる広告は載せたことはありませんが、
何年も同じ業者さんが大きな広告を使用しているので、それなりに効果があると予測されます。
業種によって小さい広告でも狙い目があったり、少しの予算ではお金を捨てるだけのような業種もあったりと、
事前に2年間分程度の地域の内容を把握してからでないと、費用が高いだけに危険です。
使い方によっては、まだまだ効果の高いものかと思いますが、長期戦的な広告なので計画大切です。

フリーペーパー 地元誌
○始めやすい 電話はある 多配布
○エリアが地元中心で電話にお気軽感がある。
△安くはない。
× だんだんマンネリで問い合わせがなくなる 競合もある
×情報が伝わりずらい (予約制とあっても突然店頭にいらっしゃる。。買取ジャンルではない とか)
×毎月(毎週)新しいものになってしまう。

昔は色々試したのですが、最近は全然使ってません。
骨董的なものや古書古本の相談はほとんどなかったなぁと改めて思います。
すごい若い人や一般のママさんから問い合わせが多いです。
お客様の層が合わないのが、原因だったのかと。
買取他社を見ると貴金属系やブランド系、車パーツ類の会社が多いです。
飲食店や店舗系のお店でないと、費用対効果が合わないのでは?
と思うのですが、競合他社がいなければ、ありかもしれません。

チラシのポスティング
◎問いあわせがある。同梱や新聞折込より多い
◎チラシ全般にいえるが改良をどんどんできる 保存される
○お金が無いとき自分達で配布できる
△ポストに乱雑に入ったりするので信用感は薄い
△場所がかさばる (たくさん刷ると)
×競合他社や別業種でもチラシがとりあえず多い(ポスティング会社に依頼すると数枚の同梱となる)
× チラシ代と合わせると特に高い  変更がきかない

買取やリサイクルの仕事を始めて広告のメインはポスティングでした。
初めは自分でよくまいてました。問い合わせは1日ずっとまいて平均2.3件くらいはあったと思います。
当時はなんでも買取していたので、件数は多かったです。
しかし専門のポスティング会社に依頼しないと効率は良くないです。
当時は時間だけはたくさんあったので。。
業種は色々ありますが、地域密着でやるなら基本はチラシと今でも思っています。

2013年2月に投稿したニコロ美術の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら