富本憲吉の買取。

こんにちは。
店主の妻が更新してます!

いきなりですが、富本憲吉について書きます。

陶芸家、富本憲吉(1886-1963)
奈良県生駒郡安堵町出身
重要無形文化財(人間国宝)
東京美術学校図案科卒業。
卒業後の1911年にバーナード リーチとの知遇を受け陶芸家を志した。
翌年には地元の安堵町に開窯した。
当初は楽焼の写しや土物を中心に制作し、信楽・瀬戸などを研究。
また李朝陶器の造形も深めている。
27年に東京に窯を移築。
翌28年より国画会工芸部に初出品、色絵、染付、李朝を模した白磁を主流とした磁器制作に変わる。
その後、富本様式ともされる、磁器に赤絵や染付、腺紋と共に金銀彩を用いた絵付けを展開、格調高い作風を確立した。

出身地の奈良県生駒郡安堵町には富本憲吉記念館があります。
1974年に開館したようで随分古くからありますが亡くなられてから10年後位ですね。
ちょっと作品も紹介します。

こちら額装されてまして額の綺麗に写真が撮れずわかりにくくてすみません:ase1:

お次は帯留めです。サイズは5-6cmでしょうか?

裏側↓

そう!こちらの帯留めは残念ながら割れてしまってます。
こちらの印は「富」です。
年代によっていろんな印があります。

富本憲吉作品買取してますー!

ではまたー:sayonara:

2015年9月に投稿したニコロ美術の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら