栃木県を中心に買取中!売却、リサイクルしたい。群馬県、埼玉県、東京都など /落款の話。

こんにちは~!
店主の妻が更新しております。

先日、宇都宮科学館で20年以上降りにプラネタリウムを見ました。
「ドラえもん~宇宙ふしぎ大探検」というタイトルでドラえもんがでてきていろいろ教えてくれます。
遠い宇宙の姿に興味をもったのび太たちは、宇宙にでかけることになりました。
ひみつの道具によって宇宙を探検しながら今まで知らなかった宇宙のふしぎが、解き明かされていくお話です。
わかりやすくてなかなか楽しめました。

こちら、淡交社 落款花押大辞典です。

P7105708
落款が調べられます。
この人の落款はどんなのだっけ?となったときに調べると簡単な解説も乗ってます。
例えば写真は十四代淡々斎宗室。

P7105712
P7105711
逆に誰の落款?と落款から調べることもできますが、ページ数がかなり多いので大変そうです。

ちなみに落款(落款)とは書画を作成した際に制作時や記名、詩文などを書き付けたもの、またその行為のことです。
その文を款記といい、印章を落款印といいます。
この様な情報はその作家の基本的情報になり真贋を鑑定する際も大きな材料になります。
作品は本物なのに偽の印章をあとから押してしまうケースもあります。
そうなるとせっかくの本物の作品も、台無しになってしまいます。

ご自宅で茶道具や作家物、日本画、掛軸など見つけた際になかなか名前がわからないということが多いと思います。
そんなときは写真を撮って送っていただければ、買取可能か不可かお伝えできるかと思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

ではまた~

 

2017年8月に投稿したニコロ美術の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら