栃木県足利市で鈴木蔵や三浦小平二等の作家作品を買取、査定をしてきました。

10月は遺品整理や解体に伴う買取が多く、量が多めです。
単価の高い大型の買取も2件ほどあり、大変忙しい毎日となっております。
ということで、今月中は予定や予約で埋まってしまい、
宇都宮市以外の出張買取は難しく、全て11月以降になってしまいます。
お問合せはいつでも、大丈夫です。よろしくお願いします。

昨日も那須塩原で古道具やインテリア的な骨董類をたくさん譲っていただきました。
骨董品が家にたくさんあるとの事で伺ったのですが、
ビシッと売れそうなものはありませんでした。(申し訳ありません。。)
しかし価値が全くないわけではないので、結局大量に譲っていただきました。
あれもこれも持っていったわりには、お渡しできた金額は少しだったのですが、
とても喜んでいただき、楽しい買取でした。ありがとうございました。

大型買取の方は今回で2回目のお客様で、足利市の買取でしたが、
全てご本人がギャラリー個展で購入したもので、
買取の査定金額や値段の面で、まあまあ時間がかかりました。
結局、全て買取になり100万円以上はお渡しできたのですが、
やはり百貨店外商やギャラリー個展等で購入している場合、
買った金額が安くはないので、
現在の売却相場にすると購入価格の数分の一の査定金額、、どうしてもなってしまいます。
今回は他社さんで査定見積もりをしている件だったので、
比較的すんなりとご納得いただいて、こちらも楽しい買取でした。
ありがとうございました。

相場があまりないような作家さんも多かったのですが、
気に行った作品もあり、頑張って値段つけました。
これらは高く売却しないと利益は出ないので、じっくり売ろうかと。
(ガラス作品で有名作家ではない)

ということで買取の方は順調なのですが、
忙しく販売の方がほとんどできてません。古書古本のみを売ってる感じです。
妻が子育て中(私もですが)なので、戦力ダウンです。
来年には楽になってくると思うので、その時まで仕入れ重視で頑張っていきます。
それでは。

 

 

2013年10月に投稿したニコロ美術の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら